生理の日付調整ができるトリキュラーの価格とは

現代の日本では、男女の性交渉の際の避妊方法として、今まで主流であったコンドーム以外にも低用量ピルを服用するような時代になっているのです。これは十数年前から医療機関などで入手できることになったこともあって、海外の国のように女性が主体的に避妊に取り組むようになっているのです。
低用量ピルというのは、女性ホルモンが配合されている錠剤であって、毎日きちんと服用することによって生理周期を整える働きをするのです。そして排卵を抑えることもできるので、妊娠を防ぐことができるのです。排卵を抑えられるので、卵子が精子と受精することもないので、妊娠をしないということなのです。しかし、これは毎日服用できた場合であり、飲み忘れがあるとその効果がなくなったりするのです。ですから、注意が必要です。
また、ピルには生理の日付調整をすることができたりもします。飲み方によるのですが、例えばホルモン剤が入った21日分の錠剤を3日分少なくすれば、3日生理が早くくることになるのです。
低用量ピルでも、わりと多くの人に親しまれ、飲まれているものとしてトリキュラーがあります。このトリキュラーは、医療機関で処方してもらうこともできますし、海外からの個人輸入で入手することもできるようになっているのです。その価格は、医療機関では受診も含めて1か月分で3千円程度ですが、通販サイトの価格としてはまとめ買いをすると、1か月分あたりで千円もしない価格で購入できたりするのです。
このように、人気のあるトリキュラーを避妊目的のために服用している人と、旅行などのイベントで生理があたらないように日付調整をする人などもいるのです。
日付調整をすることで、イベントなどを楽しむこともできるようになるでしょう。