トリキュラーの働きによって子宮腺筋症は治るのか

トリキュラーをはじめとする低用量ピルは、軽度の子宮腺筋症の治療に高い効果を発揮します。そもそも、この子宮腺筋症、子宮内膜に非常に似た組織が子宮筋層に間違ってできてしまう病気です。症状としては強い貧血症状、過多月経、そしてひどい生理痛が挙げられます。子宮腺筋症に似た病気に子宮筋腫というものもありますが、子宮腺筋症の方が生理痛時の痛み、生理時の貧血症状が強い傾向になるのが特徴です。
これらの症状はすべて子宮筋層にできる内膜組織、そしてそれによる子宮の硬化、拡大によるものが原因です。そこで役立つのがトリキュラーをはじめとする低用量ピルです。トリキュラーの働きは知っての通り、女性ホルモンの量を調整して排卵を止めたり、ホルモンバランスを整えていきます。子宮腺筋症で生じる内膜組織はこの女性ホルモンが過剰に分泌されることによって大きくなっていくものなので、比較的早期のものであればトリキュラーの働きを利用して症状を改善していくことができます。
トリキュラーの働きの中でも知られているものに出血量の調整効果、あらゆる生理トラブルの改善効果というものがあります。つまり、子宮腺筋症の根本となる部分を治療していくだけでなく、すでに出ている症状の対症療法にも適している方法なのです。
生理の時の出血量が多い気がする、それによって貧血症状が悪化している、さらには生理痛が以前よりもひどくて日常生活にも支障を来している、そんな人は一度トリキュラーの使用を検討してみた方がいいかもしれません。
もちろん、これらの症状があった場合、子宮腺筋症以外の病気の可能性も考えられます。正確な治療が行えるように、気になる症状がある人は早急に婦人科などの専門医の診断を受けることをおすすめします。