トリキュラーで胸を大きくできるのか?

トリキュラーは、主として女性がみずからの選択によって避妊する目的で開発された低用量ピルの一種です。こうしたピルの有効成分は、卵胞ホルモンや黄体ホルモンといった女性ホルモンに含まれる成分そのものです。
トリキュラーを服用することによって、こうした女性ホルモンの量が増えれば、体は妊娠がはじまったものと勝手に誤解して定期的な排卵などの営みをやめてしまうため、逆に本当に妊娠することがなくなるというメカニズムを活用しています。
言うまでもないことですが、女性ホルモン、なかでも卵胞ホルモンは、女性らしい丸みのある体つきの形成などを促すはたらきのあるホルモンです。また、女性が本当に妊娠をした際には、赤ちゃんに授乳をする必要があることから、誰しも乳腺が以前よりも発達してくるという現象がみられます。
このようなことから、トリキュラーを服用し続けた場合には、妊娠したのと同じように、胸が大きくなるという可能性もないわけではありません。実際に服用後に胸が張るような作用がみられたというのは、このトリキュラーが認可される時点での臨床試験においても報告されています。
ただし、どちらかといえば、胸が張るような作用は、避妊というトリキュラー本来の目的からは外れた副作用として製造元の医薬品メーカーからは認識されており、吐き気や頭痛などのありがちな副作用と同列に扱われています。
したがって、トリキュラーの服用によって胸が大きくなる効果があると積極的に宣伝されるようすは今後ともなさそうですので、あくまでも副次的にそのような可能性があるという程度の期待にとどめておいたほうがよく、まずは本来の避妊のほうの目的で使用するべきでしょう。